公共の交通機関で法律相談に関する広告掲載に力を入れる株式会社DSC


電車や路線バスに乗ると、つり革付近や支柱の上に
あちこち点在する交通広告と呼ばれる掲載物あります。
公共の交通機関に掲載されている広告ということで、
掲載されている広告の種類は多種多様となっています。
この交通機関内に掲載されている広告物において、
法律相談事務所の案内の広告掲載に
力を入れている広告代理店会社があります。
それが「士業」を専門とする会社に特化した、株式会社DSCです。

株式会社DSCは士業を職とする皆さんに、
ユーザーが迷いなく法律相談事務所に相談を持ちかけるように、
様々なマーケティング戦略を打ち出しています。
ユーザーに効率よく広告を見せるプロモーション活動は
数多くありますが、冒頭でも紹介したように、
今回は交通広告について紹介したいと思います。

交通広告の特徴として、広告の掲載位置や
掲載される期間によって得られる広告効果が異なるものがあります。
そのためどの媒体を利用すればいいのか、
また、どのような広告がユーザーに効果的なのか考えなければいけません。
株式会社DSCでは士業のクライアントが抱える疑問に全力でお答えし、
独自のマーケティングデータとノウハウを活かし、
ご要望や予算に応じて最適な媒体を提案します。
乗客と広告の接触率が高いので、外出の多い会社員など、
新聞・テレビ・ラジオ・雑誌でカバーできない層に
アプローチが可能になります。
さらに公共の場に広告を掲載するので、
乗客の方々に信頼感を与えることができ、
ブランディング効果が期待できます。
特に、交通量の多い首都圏では高い効果が期待できます。

このように、交通量に応じて最適なマーケティング戦略を
打ち出すことができるのが、株式会社DSCです。